環境方針


理念私たち大同ばねグループ従業員一同は、企業活動や家庭生活のなかで環境に負荷をかける要因を取り除き、地球の未来に安心と安全を残す様に努めます。
行動指針エネルギー使用量を削減します。
水使用量の削減をします。
紙使用量の削減をすると共に、再生紙の利用を推進します。
環境にやさしい生産活動に努力します。
廃棄物の排出抑制に取り組みます。
アイドリングストップ等のエコドライブを推進します。
実施例太陽光発電4箇所合計126kw稼働中
LED照明工場、事務所等の照明設備をLED照明に切替
水道地下水の活用
冷暖房屋根に断熱材を使用し冷暖房のためのエネルギーを大幅に削減


品質方針


「品質至上に徹し、お客様の信頼と満足をいただける製品を提供する」

事業活動及び製品に適用される各種関連法規制等を遵守することにより、社会的責任を果たすと共に適切な品質マネジメントシステムを構築。常にお客様の声に耳をかたむけ向上を目指して毎年目標を見直し設定することにより継続的な改善に努めます。



品質スローガン


2019年

目指すべき姿を明確にし、技術・システム・アイテムのレベルアップで高い品質を維持しよう。

重点実施項目

1.初品製造までに良品条件を整える。

2.改善・対策の効果の確認を確実に行い、再発を防止する。

3.これらを支えるための教育(設備スキル・ルール標準・外部研修)に力を入れる。

2018年

一歩先を見つめ、あらゆる状況・要求にも応えられる生産活動を築き、品質維持向上につとめよう。

重点実施項目

1.生産計画のポイントを明確にし、内示に対応した計画を立てられるようにする。

2.個人の「できる・できない」をチーム(会社)として担保していく。

3.これらを支えるための教育(設備スキル・ルール標準・外部研修)に力を入れる。

2017年

標準化・横展開を徹底し、大同ばねのスタンダードを作り上げ、向上させよう

重点実施項目

【作業の5W1Hを明確にする。】

1. 量産品・TRY Spring・DAI Springの標準類
(作業指導書・図面・チェックシート・レイアウトシート等)の見直し。

2. 不具合対策の効果の確認と横展開を確実に実施する。

3. 標準類に基づいた教育・学習を行いスキルの向上を目指す。

2016年

それぞれの工程での品質・コスト・納期の位置づけを見直し、高い品質と効率を目指そう。

重点実施項目
  1. 変化点を把握・管理することで不良の発生を未然に防ぐ。
  2. 不具合対策においては、効果の確認を確実に行うことで真因を捕らえているか検証し、再発防止につなげ利益のロスを減らす。
  3. 設備の性能を最大限に引き出すため小集団活動を活用し、教育・学習の機会を作るとともに得られたノウハウを明示していく。

2015年

新たな体制のもと、原点に立ち返り、「品質は工程で保証しよう」。

重点実施項目
  1. チョイ置き撲滅。小さな改善の積み重ねで品質向上に取り組む。
  2. 分析の徹底で有効な対策を定着させる。
  3. チャレンジ精神でスキルの向上に努める。

2014年

「一人ひとりが、それぞれの職務に課題意識を持って取り組み、『質』の向上に努めよう。」

重点実施項目
  1. 計画的な小集団活動で、日々改善に取り組む。
  2. 「見える化」で現状と方向性を皆が常に把握する。
  3. 教育訓練や、道具・仕組みの改善で、知識技能の向上をはかる。