製品のご紹介

大同ばねは線ばねの冷間成形に特化し、各種丸線ばね及び異形線ばねを製造、ご要望に応じた最適なばねを提供いたします。
弊社製品は精度や耐久性が求められる重要部品(自動車関連)を主に様々な産業で使用されています。


圧縮ばね/押しばね/Compression Spring


一般に「押しばね」と言われ、コイルの中心に荷重を受けるばねです。



通常の円筒形のほか、たる形・鼓形・円錐形などの形状もあります。
また、ピッチ(ばねを巻く間隔)を調整(不等ピッチ)することにより、たわみ量に応じばね定数が変わります。
この場合、初期荷重が弱く、一定のたわみ量を超えると荷重が強くなります。



圧縮ばねの端面形状は、巻きっぱなしのオープンエンドと端面が平らになるように座巻を付けるクローズエンドがあります。



一般的には荷重の偏りや相手部品の損傷を防ぐなどの目的で端面を研削処理して平坦にします。
線径の小さいもの(細い線材)は荷重の偏りや相手物への影響が少ないので研削を省略する場合もあります。


研削処理されたばね


未研削のばね



引張ばね/引きばね/Tension Spring


一般に「引きばね」と言われ、圧縮ばねとは逆の引張り荷重を受けるばねです。



引張ばねには密着状態に成形するときに線材が互いに密着方向にねじれてできる力(初張力)が生じます。
一般的に密着巻きで初張力をつけます。逆に初張力をなくしたい場合にはピッチを付けて形成します。
初張力は成形時(冷間形成)に調整することが可能です。また、初張力は熱処理によって減少するので減少分を考慮して加工します。
両端部の荷重を受けるフックは用途や対象物に応じ様々な形があります。


安全性を高めた二本巻きのばね、胴体の形状がたる型のもの、フックと胴体が別れていて組み合わせて使用するものもあります。


ねじりばね/Torsion Spring


ねじりばねはコイル中心軸まわりにねじりモーメントを受けるばねです。



コイルを巻き込んで使用する場合と、巻き戻して使用する場合がありますが、一般的には巻き込む方向で使用します。巻き戻す方向では耐久性が弱く早くへたるので、繰り返しの使用には向きません。
ねじりばねは荷重を受ける際、コイル径が大きく変化します。取り付け部品とのスペースは余裕を持たせることが必要です。
用途に応じて様々な形状があります。


左右2つのねじりばねが合体したダブルトーションスプリングは小さなスペースで高トルクが必要な場合や部品点数の減少に有効です。またダブルトーションスプリングは通常のねじりばねに比べ案内棒が無くても安定します。



線細工ばね/Wire Forming


線細工ばねは様々な形があります。ホースバンド、Rピン、サークリップなど



線細工ばねは圧縮ばねや引張ばねのような繰り返し荷重を受ける使用例は少なく取付位置を保持するような使い方が多くあります。


規格ばね販売


大同ばねで設計・製造された規格ばねをグループ会社ソテックで販売しています。押しばね、引きばね、ねじりばねなど16,000点超の規格ばねを取り揃えています。多品種少量生産に合わせてお客様側で在庫を持つリスクを軽減、必要な時に必要な分だけ注文、即日発送いたします。

標準ばねの「TRYspring」は、販売開始から20年以上。
販売開始時は圧縮ばねと引張ばねの2種類・合計3,000点ほどでしたが、お客様のご要望に応えてねじりばね・密着ばね・サークリップが追加され5種類に増え現在の品揃えとなりました。

「DAIspring」は、2160点の品揃え。異形線強力ばねは丸線コイルばねに比べ小スペースで強い力を生ずることができ、この特性を生かして様々な機械や器具に使用されています。